月曜日の夕方。。。突然 yy.gif さんが

『宮本武蔵がなぜ刀を捨てたか知ってる』 と。。。

なんでもお友達との会話の中で疑問が生じたらしく、私も気に

なるので、すぐにってみましたが、色々諸説あって

①小次郎の刀がとても長いものだったので、それに対抗して

長くて軽いものと考えたときに船の櫂を見つけ、それを使った

②武蔵の剣の力が“討つ”ではなく“殺す”剣だと言われて

殺傷が目的ではないから封印した

③真剣は衝撃を受けると刃こぼれしたり曲がったりするので

木刀のほうが有利だと思った

等々。。。全然知りませんでした。。。というかそんな疑問も

抱くこともなく。。。下関に住んでいますが〔巌流島〕行った

ことないしなあ~本当の島の名前は船島(ふなしま)って

こともなんとなくしか知らんかったし。。。

有名な台詞の『小次郎敗れたり』も小次郎が鞘を捨てたから

ということは知っていても、なぜ武蔵がそう言ったのかなんて

みなさん知ってますか

こちらも諸説ありますが、刀の鞘は勝者であれば刀を鞘に

戻せるのに、鞘を捨てた ⇒ 勝負を捨てた というのが

一番有力な説らしいです。。。

今度『巌流島』行ってみようかな。。。

いつも不動産の話ではなく、スミマセン。。。

下関市の不動産については、当社のHPをぜひ見て下さい〜

有限会社エヌケイハウジングのホームページへ

みんなのブログも更新中なので見て下さい〜

◆◇エヌケイハウジングのブログ◇◆

☆Cheeの部屋☆

~やすの日常~  

うえのさんの部屋

最後まで読んでいただきありがとうございます
励みになるのでっとお願いしま〜す
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nkhousing3535.blog.fc2.com/tb.php/441-66294e3d